ハワイアンジュエリー・トラディショナル結婚指輪| PUA ALLY(プアアリ)東京都・渋谷区

ハワイアンジュエリーPUA ALLY  >   結婚指輪  >  ハワイアンジュエリーの結婚指輪を手作りしよう
 
 

これからおふたりと長い人生を一緒に過ごす結婚指輪を 私たちと一緒に作ってみませんか?
 
手作りというと難しく感じてしまうかもしれませんが、熟練の職人のサポートの元、おふたりにしていただく作業は地金を叩いて丸めて溶接してリングの形にしていただくところまで。
お互いに相手の指輪を作るもよし、自分の指輪を作るもよし。その日の思い出も二人だけの結婚指輪の歴史として大切に刻まれてゆくことでしょう。
 
おふたりに作っていただいたリングに後日職人が模様を彫り、磨いて仕上げをして納品いたします。そうしてできあがった指輪には、オーダーして全て作ってもらうのとは一味違う、特別な愛着と、思い出というプライスレスな気持ちがプラスされるはずです。
 
併設の工房にて、熟練の職人のサポートの元で作業していただきますので初めてでも安心して手作りしていただけます。

 
 

 
 
まず、自分の指のサイズをリングゲージで測ります。
 
リングの幅が太くなればなるほど実際のサイズより少し大きめに作るとぴったりなのですが、作りながら自分にちょうど良いサイズに微調整できるのも、手作りのメリットです。

材料となる地金素材。
 
おふたりのオーダーに合わせて、日本の職人さんに注文を入れて作ってもらいます。鍛造で作られているので、結婚指輪に適した、硬くて丈夫な素材です。これを切って、丸めて溶接して指輪にしてゆきます。

 
 
糸鋸を使って、必要な長さに地金を切り出します。
 
後ほど溶接する作業があるので、なるべくまっすぐに切り出すのが綺麗に作るポイントです。
 
 
 
芯金に地金を巻き付けるように叩いて丸くして指輪の形にしてゆきます。地金を傷つけないよう木槌で優しくたたきましょう。
 
 
 
バーナーでつなぎ目を溶接してゆきます。
 
断面をつなぐ役割をするロウ材を間に挟んだら、バーナーで溶接します。K18、プラチナなど素材によって融解温度が違うので見極めるのが職人技。一番緊張する作業です。
 
 
ピカピカに磨きます
 
溶接面を綺麗にして、形を整えたらバフモーターという、円形の磨き布が高速回転している機械で丁寧に指輪を磨いてゆきます。
 
 
おふたりの指輪の完成です。
 
こうしておふたりに作っていただいた指輪に、後日職人がひと彫りひと彫り 手彫りで模様を入れ、仕上げをしてお渡しになります。

 

◆写真左のような内側彫りのリングをご希望の場合、制作に特殊な技術を要するので、申し訳ありませんがお客様に手作りしていただくことができません。
 
ジルコニウムのリングに関しましても、素材を丸めて溶接して作る工程ではなく、材料からリングの形に直接切り出す製法の為、こちらも手作りしていただくことができません。
 
◆遠方で何度もご来店いただく事が困難な場合は、ご試着サービスで指輪の幅と厚みを決め、指のサイズをお測りいただいたうえでお申込みいただければ制作時のみのご来店で対応させていただくことが可能です。お客様に合わせて対応させていただきますのでまずはご相談ください。 

Reservation

 
恵比寿本店では、ジュエリーアドバイザーとゆっくりご相談いただけるブライダルのご来店予約を承っております。ご予約をいただきましたお客さまへ、特別なおもてなしをご用意しております。

  
ご来店予約
Fitting Service
 
お近くに店舗がない方や、忙しくてご来店できない方のために結婚指輪をご自宅でご試着できるサービスをご用意いたしました。

  

  
ご試着サービス