K14とK18の違いとは・・・?

 

ハワイアンジュエリーはイエロー系の色が王道と言われています

日焼けをした肌にとても似合う永遠の人気カラーです。

ゴールドが発見されたののは約7000年前…

 

年月を経ても失われない事から永遠性、不変性の象徴と考えられ、

人間を悪魔から守る魔除けとして頭、手首、耳など
身体の大切な部分に着けていたことがはじまりとされています。

 

ちなみにゴールドの語源はGOALと言われていて、

目標達成をイメージさせる色でもあります。

 

 

 

 

「K24」が100%金を使っている純金と言われていますが、

やわらかすぎてジュエリーにするのは難しいと言われています。

 

普段使いで楽しみたい方は、リーズナブルな「K10」でもいいと思いますが、

 

贈り物や思いいれのあるジュエリーに、またいずれはお子様に・・など

 

ながく愛用したいジュエリーには「K14」「K18」をオススメします。

 

 

 

★K14

・変色 ☆☆
・硬さ ☆☆☆
・金額 ☆☆

 

「K14」は58%金を使っています。

「K18」と比べ変形しにくく傷がつきにくいかたい素材が特徴です。

 

硬い=傷つきにくいので「K14」の方が傷がめだちません。

 

ハワイを含むアメリカ本土では「K14」ジュエリーが人気です。

 

その理由は、かたさがあるから変形しづらく輝きが続くからといわれています。

 

「K14」は、純金ほどの黄金ではないですが、

そのかわりとても頑丈でしかも安価に金を楽しむことができます

 

「K14」は、特に頑丈な素材を好むヨーロッパやアメリカで親しまれています。

 

「機能性よりもファッション性重視なんですね☆」

 

k14についての詳細はこちら★

 

 

※左「K18」 右「K14」

 

★K18
・変色 ☆☆☆
・硬さ ☆☆
・金額 ☆☆☆

 

「K18」は75%金を使っています。

「K14」と比べ「K18」の方が金色がつよいのが特徴です。

 

金の含有量が「K18」の方が多いので「K14」より重く「K14」と比べ

 

「K18」の方が変色しにくいといわれています。

 

金の量が多いので「K18」の方が値段が高く、価値もあります。

 

また「K18」の方がアレルギーをおこしにくいといわれています。

 

日本人の肌によく合うあたたかみのある金色で、

年齢を問わず幅広く好まれる色合いです。

 

「ずっと身に着けていくブライダルリングにおすすめの素材です」

 

長く使っていただくには、「K18」をおすすめします。

 

 

K18についての詳細はこちら★

 

 

 

 

 

 

金自体はアレルギーが起こりにくい金属です。

 

ですが、アレルギーの心配がある方は病院でアレルギー検査をされる事をおすすめします。

 

「K14」や「K18」には合金として銀や銅がふくまれています。

 

合金の割合が大きければ大きいほどアレルギー反応もでやすくなるんです。

 

 

 

 

 

どんな素材でも長く綺麗な状態をたもつために大事なのは、

 

購入後の「使い方、お手入れ、保管方法」です。

 

 

プアアリのハワイアンジュエリーは「代々受け継がれていくもの…」にして頂くために、

お店の近くに工房があり職人がすぐ近くにいるため相談も受ける事ができます。

 

 

プアアリではハワイアンジュエリーを売るだけのお店ではなく、

 

気軽にメンテナンスをする環境があってはじめて

 

安心してお子様やお孫さんに受け継いでいくことができるのです。

 

 

 

 

プアアリのハワイアンジュエリーは素材にこだわる所からはじめています。

 

 

お客様からオーダー頂いたら「素材からオーダーメイド」し

作り上げてゆくところから制作が始まるんです。

 

 

こだわりたっぷりのハワイアンジュエリーに是非プアアリで出会って頂きたいです!