結婚指輪でプラチナが選ばれる理由とは・・・?

プラチナが選ばれる理由とは…

 

 

「K14」、「K18」と他にも素材はあるのに、

 

 

今多くの方から「プラチナ」がブライダルリングを作る際に選ばれています。

 

それはなぜでしょうか?

 

なぜ多くの方が高価な「プラチナ」で結婚指輪や婚約指輪を作るのか?

 

 

「プラチナ」の何が魅力なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

女性で「プラチナ」を知らない人はあまりいないと思います。

 

 

 

ですが、高価なジュエリーと漠然とした印象しかない方も多いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「プラチナ」は白い色と輝きをもつ貴金属の一つです。

 

 

同じ白でも「シルバー」と比べると重みもあり、落ち着いた輝きが特徴です。

 

 

年齢や流行にとらわれず、あらゆるファッションに合いしっかり存在感もあります。

 

 

毎日つけても「プラチナ」の輝きは変わらないことから、

 

 

いつでも安心してつける事ができます。

 

 

特別なケアも必要ないので、日常のお手入れがとても簡単です。

 

 

★Pt900(プラチナ)

・変色 ☆☆☆

・金額 ☆☆☆

 

 

 

 

 

「シルバー」素材のジュエリーは安価で購入する事ができます。

 

素材の特性上、黒ずみやすいのが特徴です。

 

そのため、長く使用する「ブライダルリング」にはおすすめしません。

 

 

 

★SV925(シルバー)

・変色 ☆

・金額 ☆

 

 

また「シルバー」はアレルギー症状が出てしまう方が多くいらっしゃいます。

 

 

アレルギー症状が心配な方は病院でのアレルギー検査をおすすめします。

 

 

 

 

アレルギーをお持ちの方へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「プラチナ」は希少金属の一つで、

 

 

金と比べても採掘量が年間20分の1程度で希少性の高い金属です。

 

 

世界でも採掘できる場所は少なく、

 

南アフリカ共和国やロシア等で採掘されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原鉱石からプラチナの地金になるまで時間がかかり、

 

 

加工も難しい事から必然的に高価になります。

 

 

大変希少なプラチナですが、実は日本は世界最大規模のプラチナ消費国です。

 

 

 

一人あたりのプラチナ・ジュエリー消費量は世界一で、

 

 

これほど「プラチナ」を好む国は他にありません。

 

 

 

 

 

 

「プラチナ」は変色しない輝きと、永続性に優れた金属として「ブライダルジュエリー」に

 

ふさわしい金属として多くの方に選ばれています。

 

 

熱や酸に非常につよく、変色や色あせる事がないため安定した貴金属です。

 

そのためこれからの人生を共に歩んでいく一生ものの「婚約指輪」、「結婚指輪」として

 

 

「プラチナ」が選ばれるのも納得できます。

 

「希少性」からも2人の絆を表しているように思えます。

 

 

 

 

 

 

永遠の愛を象徴する「プラチナ」

 

日本では「白」は特別な色で、白無垢やウェディングドレスにも使われているように

 

花嫁にとって大切な色です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「プラチナ」は形を変えず、

 

二人の永遠の愛を変わらぬ形でずっと近くで見守ってくてるはずです。

 

 

これから新しいスタートをきるお二人にぴったりの

 

 

純粋で貴重な素材が「プラチナ」なんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

現在プアアリでは『ブライダルフェア』を開催中です。

 

 

オーダー頂きましたブライダルリング(婚約指輪、結婚指輪)に

 

お好きなブルーの宝石を一石プレゼント致します。

 

 

なぜブルーの石なのか、サムシングブルーの詳細はこちらから☆

 

 

 

 

一生に一度の大切なブライダルリング、

 

 

スタッフがしっかりお客さまのご相談にのらせて頂きます。

 

 

是非、この機会に店舗に足を運んで頂きたいです。

 

 

プアアリのブライダルリングの詳細はこちら★