知らなかった!ハロウィンの起源や仮装の本当の意味って??

trickortreat,halloween,意味,起源

Happy Halloween!!

 

先週末はハロウィンイベントも各地で行われていましたね!

もう、すでに日本の文化と化しています。

 


ハロウィンの起源は?


 

 

みなさん、思い思いの仮装をして楽しんでいますが、ハロウィンの本来の「意味」を知っていますか?

 

紀元前、アイルランドに住んでいたケルト人達が行っていた儀式が起源だそうです。

10月31日は今でいう大晦日にあたり、新年と収穫を祝い、新年の悪霊払いのお祭りを行っていたそう。

この日は死後の世界とこの世の境がなくなり、死者の魂や悪霊が降りてくるとされていたので

悪霊払いのお祭りをしていたんですね。

 

降りてきた悪霊に悪さをされない様に、「同じ悪霊です!」とアピールするためだそうです。

その為、恐ろしいゾンビや悪霊の仮装をするんですね!

 


なぜ、ハロウィンには「かぼちゃ」なの?


 

ハロウィンといえば、かぼちゃ。

かぼちゃをくり抜きランタンにした物を Jack-o’-lantern(ジャックランタン)といいます。

 

 

 

これは、ジャックという日頃から悪いことばかりする男のお話です。

 

ハロウィンの夜、悪魔に魂を取られそうになった時

悪魔を嘘で騙して自分の魂を取らないようにと約束をさせたことが始まりだったそうです。

 

 

その後、ジャックは年老いて亡くなり

生前悪いことばかりをしてきたジャックは天国に行くことができず、地獄へと向かいます。

 

しかし、地獄の門の前には、むかし騙したあの悪魔がいました。

 

 

「お前の魂を奪わないと約束したではないか」

と、追い返されてしまいます。

 

天国にも地獄にも行けなくなったジャック。

 

ジャックは、途方に暮れました。

 

近くにあったカブをくり抜いて、

その中に悪魔から貰った火種を置いてランタンにして

暗い夜道をランタンの灯りを頼りに、さまよい続けているそうです。

 

アメリカにはカブがなく、代用したのがかぼちゃだったのです。

 


○○で作る、ランタンが流行中!!!


 

 

ランタンはカボチャで作るのが定番となっていますが、

実は最近のハロウィンでは、

 

新顔ジャック・オ・ランタン、”パイナップル” で作る方が急増しています!

 

 

中身をそのまま食べられて、ハロウィンなのに南国の雰囲気が味わえますね。

 

 

 

 

しかも、ハワイアンモチーフである「パイナップル」には

こんな意味が込められているので、パーティーにはおすすめです!

 

パイナップルモチーフの意味とは・・

 

ぜひ試してみてくださいね!!

 


渋谷より、熱い!?


 

毎年、ハワイアン達が熱くなるビックイベントがあります。

東京でも、渋谷などでは夜遅くまで大盛り上がりですが・・・

 

 

舞台となるのは、ライハナのフロント・ストリート!!

ここでは、毎年約3万人が集まり通行止めするほど大盛り上がりなんです。

 

 

渋谷と違って仮想パレードやコスプレコンテストを開催

各出場者の審査をし、表彰式まで行うお祭りっぷり!!!!!

 


【Trick or treat?】


 

ハロウィンの夜、子供たちは

「Trick or treat(何かくれないと悪さをするぞ)」と言いお菓子をもらって歩きます。

 

 

 

これは、悪霊が家に入らない様、お菓子で気をよくさせて帰ってもらうという意味があります。

ただ仮装をするだけの日ではなく、古くから語り継がれる意味があったんですね!!

意味や起源を知っているだけで、物事は何倍もおもしろくなりますね♪♪♪