パイナップルの意味 | ハワイアンジュエリー PUA ALLY (プアアリ)

ハワイアンジュエリー Pua ally
フェイスブック   インスタグラム   インスタグラム ブライダル   ブログ   ライン

ハワイアンジュエリー Pua ally
 
フェイスブック  インスタグラム  インスタグラム ブライダル  ブログ  ライン
 
03-3443-8080
 

  • メインメニュー
  •  

    花嫁が幸せになる「サムシングブルー」って?


     
     
    200年以上も前からヨーロッパで語り継がれている
     
    花嫁さんの幸せを願うおまじない、「Something Four(サムシングフォー)」

    結婚式当日に、ある‟4つのもの”を取り入れると
    幸せな結婚生活が過ごせるといわれている、海外発祥の言い伝えがありました。

    「Something Four(サムシングフォー)」とは?

     

    「なにか新しいもの」サムシング ニュー・・・新しい生活への第一歩。父親が娘のためにウェディングドレスや靴などを新調したことが起源。
     
    「なにか借りたもの」サムシング ボロード・・・幸せな結婚生活を送っている人の幸せをお裾分けしてもらうという意味。
     
    「なにか古いもの」サムシング オールド・・・代々受け継がれる財産や宝物。その家が続いていくとう事。
     
    「なにか青いもの」サムシング ブルー・・・清らかさと、誠実な愛。聖母マリアを象徴する色で、”純潔”を意味します。
     
     
    これら4つを総称して「サムシングフォー」と言われています。
    花嫁はこれらを身に着けると幸せになれると言われているんです!
     
    それぞれの意味を知ると、とても深く感動的で、納得しますよね!!
     

     
    サムシングブルー(何か一つ青い物を・・・)の言い伝えによって

     

    その青は目立たない場所につけるのが良いとされており、
     
    今では結婚指輪のブルーダイヤモンドを留めるのがポピュラーです。
     
    ブルーダイヤモンドには
    「相手の幸せを願う」「 夫婦の絆を深める」
    といった意味があります。
     
    キャサリン妃のサムシング・ブルーは
    ダイアナ妃から受け継いだサファイア のリングが話題となりました!!
     
    隠れたところにあるブルーは
    「夫に対する忠義の証」ということから
     
    指輪の内側に、こっそりブルーダイヤモンドを入れる事も可能ですよ♪

     関連記事はこちら 
    ハワイアンジュエリーの歴史

     ダイヤモンドがブライダルリングに選ばれる理由

    K14とK18の違い

     K14とK18の違い 
    ハワイアンジュエリーに秘められた7つの幸福物語
    カラーゴールドの選び方
    ご来店のご予約
    全国のプアアリお取り扱い店舗
    ハワイアンジュエリー,ハワジュ,hawaiian jewelry,婚約指輪,エンゲージリング,engagement,diamond,手彫り,日本製,made in japan,ダイヤモンド,ウェディング,ブライダル,プラチナ,K18,ゴールド,18金,オーダーメイド,プロポーズ