ハワイアンジュエリー特別な結婚指輪・婚約指輪をオーダーメイドで|PUA ALLY  (プアアリ)

ハワイアンジュエリーPUA ALLY  >   結婚指輪  >  デューク・カハナモク

ハワイが誇るサーフィンの神様デューク・カハナモク

デューク・カハナモク

ハワイが誇るサーフィンの神様
デューク・カハナモク

 
「最高のサーファーとは、
最も楽しんでいる人です。」
 
ワイキキビーチにたたずむ銅像、ハワイの伝説的なサーファーである
デューク・カハナモクの言葉です。
 
サーフィンだけでなく、水泳、カヌー、はたまたハリウッド俳優としても活躍。
 
いつでも前向きに、人生を楽しんでいた彼は、
いつしか「 ハワイの英雄」と呼ばれるようになりました。
 
 楽しむことを忘れない。
そして誰よりも楽しむ。
 
サーフィンに限らず、それが「最高」への道なのかもしれませんね。

 
 

生涯海を愛し続けた男だから言える「ウォーターマン」デュークの言葉。

「海から出たら、僕は何者でもない。」
 
1890年8月24日、まだハワイ王国だった頃のホノルル・ハレアカラにデュークは生まれました。ワイキキビーチの西側で育ったデュークはすぐに波と戯れるようになり、母親からも「決して水を恐れず、可能な限り遠くまで行ってごらんなさい」と言い聞かされて育ちました。
 
海で育ったデュークは高校を中退すると、ワイキキビーチでサーフィンの腕前を披露したり掃除をするなどして日銭を稼ぐ「ビーチ・ボーイ」になります。
 
そんなデュークに転機が訪れたのは、1912年のストックホルムオリンピックです。
ホノルルで行われた競技会で圧倒的な力を見せつけ、世界記録を上回る記録をたたき出したデュークは、100m自由形で金メダル。団体でも銀メダルを獲得します。
 

その後も、1920年のアントワープオリンピックでは100m自由形で2連覇。さらに800mリレーでも金メダルを。生涯で3つの金メダルを獲得するに至りました。
 
スイマーとして引退後はサーフィンを世界に広げる活動を行いましたが、当時は宗教的な理由からサーフィンは弾圧されていました。
そこでデュークは、水泳選手として世界各国の水泳大会に招待された際、それぞれの土地でサーフィンのエキシビジョンを行い、サーフィンのすばらしさを披露し続けました。
その功は実り、やがて世界中でサーフィンが親しまれるようになり、功績からデュークは「近代サーフィン」の父と呼ばれるようになりました。
 
海に生まれ、海に育ち、その生涯が海とともにあったデュークは、誰もが認める「ウォーターマン」となりました。
そんな海を愛し続けた男の言葉が「海から出たら、僕は何者でもない。」です。

 
デュークだからこそ言える、途方もなくかっこいい言葉ですね。
デューク・カハナモク

サーフィンをする人にはもちろん、サーフィンをやらない人にもグッと刺さるデュークの言葉。

「大丈夫。キミの波がいつか来る。」
 
サーファーとして巨大な影響を後世に与えた人物で、サーフィンをアメリカ社会で流行らせ、サーフィンがプロスポーツとなるきっかけを与えたデュークは、近代サーフィンの父であるといえます。
 
サーファーとして有名なデュークですが、仲間たちとともに世界有数のアウトリガー・カヌー・クラブ「フイ・ナル」を結成し、アウトリガー・カヌー競技の名門となりました。
浜辺に並ぶデュークと仲間たち
サーフィンをするデューク
サーファーとしても、カヌーの選手としても、スイマーとしても群を抜いていた、誰もが認める「ウォーターマン」デューク。
そんな彼がこんなことを言っています。
 
「大丈夫。キミの波がいつか来る。」
 
サーフィンをやらない人でもグッとくる言葉ですね。
 
たとえ今良い波がなかったとしても、いつか必ず良い波がやってきます。
あなたの波が来たその時には、きっとつかまえてくださいね。

デュークシリーズ

デューク・シリーズ
 
 
デューク・メダイリング
 
サーファーの神様、サーフィンの父デュークをモチーフにしたハワイアンジュエリー。

デューク・ネックレス
Duke series

デューク・メダイネックレス

 

ワイキキビーチにたたずむデュークの銅像をモチーフにしたメダイのネックレス。
裏には「最高のサーファーとは、最も楽しんでいる人です。」の言葉が刻まれた、男性にも女性にも似合うネックレス。
 
この商品を見る


Duke series

デューク・メダイリング

 

ワイキキビーチにたたずむデュークの銅像をモチーフにしたメダイの印台リング。ハワイの自然と調和する模様を刻む、サーフィン好き以外にもおすすめのリング。
 
この商品を見る

デューク・リング

デューク・リング

Duke series

デューク・メダイリング

 

ワイキキビーチにたたずむデュークの銅像をモチーフにしたメダイの印台リング。ハワイの自然と調和する模様を刻む、サーフィン好き以外にもおすすめのリング。
 
この商品を見る


デューク・カハナモク
「ハワイはアロハがキーワードな場所。どんな人にもアロハな心で接し、友情が調和した場所だと世界の人に伝えよう。」
デューク・カハナモク
Duke Paoa Kahinu Mokoe Hulikohola Kahanamoku
1890~1968
ハワイ・オアフ島で純粋な先住ハワイ人として生まれる。幼いころから水泳・アウトリガーカヌー・サーフィンなどに親しみ、誰もが認める「ウォーターマン」へと成長する。
デュークは近代サーフィンの父としての認知ももちろん、オリンピック水泳での金メダル獲得などいくつもの功績を残し、ハワイの英雄として語り継がれる。
フルネームはとても長く、「デューク・パオア・カヒヌ・モコエ・フリコホラ・カハナモク」。家族からはデュークではなくミドルネームである「パオア」と呼ばれていた。
 
ハリウッド映画にも多く出演し、2003年にはデューク自身を題材とした「ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー」も制作されている。

デュークシリーズ一覧
デューク・ネックレス
デューク・メダイネックレス
¥71,500
SV / K14YG / K14WG
デューク・リング
デューク・メダイリング
¥43,450
SV / K18YG / K18WG
開発中
デューク・チャームブレスレット
now planning